薬剤師が活躍する職場の傾向

調剤業務

薬を扱う仕事に携わる薬剤師の多くが調剤業務をしています。基本業務となるのが、調剤業務です。医師からの指示で提供される処方箋を基に、患者の病気を治すために間違いなく・正しく、医師から提供された処方箋の内容の通りに医薬品を調合します。医師から指示があった薬は、その通りに患者に対して必要な薬を提供しています。薬局で提供するのが第一医薬品です。これに分類される薬は、使用上の安全性についてしっかりと薬剤師から情報提供をする必要があります。

情報提供が義務づけられているからこそ、新規の患者でもいつも利用している患者でも、常にしっかりと相手とのコミュニケーションを大切にしながら業務に当たらなければなりません。ただ薬を調合して患者に渡すだけではなくて、その薬の特徴や飲み方、副作用の有無に関して情報提供する必要があります。

調剤薬局などで働く薬剤師が多いですが、処方箋を基にして調剤するだけでなく効果・効能・使用上の注意をしっかりと患者に伝えるまでが薬剤師の仕事になります。医療用医薬品を扱うからこそ、患者に対して安心して薬を服用してもらうためにサポートしていきます。患者がまた同じ薬局を利用してもらうために、患者目線でしっかり対応をするのも薬剤師の仕事になります。