薬剤師が活躍する職場の傾向

どの職場で働きたいか

薬剤師の資格を取得したら、様々な職場で働くことができます。大学を卒業し、薬剤師の資格を取得した後に働きたいと思っている人が多いのが、調剤をする薬局での病院勤務になります。院外処方が当たり前になってる時代だからこそ、大小様々な薬局がある状況です。そのために調剤業務を担当する薬剤師が求められる機会が増えています。調剤業務を担当する薬剤師は医師からの処方箋をしっかりと判断して、間違って処方しないように的確に調剤を行います。調剤業務をするのは薬局や病院になります。

民間会社で働く薬剤師もいます。今はドラッグストアで薬剤師の人材が求められています。全ての薬剤師が薬局や病院で働いているわけではありません。違った視点から薬剤師の資格を活かして働きたいと思っている人も多いです。そのように考えている人がドラッグストアを展開している会社に就職をしています。

小売業だけでなく薬を提供する製薬会社で働く薬剤師もいます。製薬会社で薬剤師が求められるときに、大きく分けて営業職と研究・開発職に分けられます。営業職はMRと言い、医療現場と製薬会社の繋ぎ役となって病院や薬局が求めている薬を的確に、迅速に提供します。そして新薬の研究や開発にも薬剤師が大きく貢献しています。