薬剤師が活躍する職場の傾向

薬剤師の資格取得

薬剤師になるには薬学部がある大学に6年間通う必要があります。大学では薬学に関する様々な知識を習得するために勉強を重ねていきます。様々な医薬品がある中でそれぞれの薬がどのように作用するか、どのように効果を発揮することができるかを理解します。そして患者が健康になることができるように、薬剤師として何を求められるかをしっかり意識をして働くことができる薬剤師になることが求められます。

6年間薬学部でしっかり学び、大学を卒業するときに薬剤師の国家試験を受けることになります。薬剤師の試験を受けるには条件があります。厚生労働大臣が、6年制の薬学課程の大学の卒業者と同等以上の学力や技能を有すると判断できる人物が、薬剤師国家試験の受験ができる資格を得ることができます。薬剤師として働くための最後に受ける試験として、多くの学生が試験に臨んでいます。

そして試験に合格をして始めて薬剤師としてのスタートラインに立つことができます。薬剤師の資格を取得できたら、自分が働きたい職場に就職します。多くの人が病院や薬局などで薬剤師として働いています。その他にも製薬会社でMRや開発や研究に携わっている薬剤師もいます。さらには公務員として行政の立場から薬剤師として働いている人もいます。